toggle
2020-03-11

貴方の先生は子ども時代の貴方

Pocket

幼いとき、彼女は正直に生きていた。

イヤなものはイヤ、欲しいものは欲しい。

好きな人も嫌いな人もハッキリしていた。

人とぶつかることもあったが、気にしなかった。

お世辞や社交辞令の存在も知らずに自由に生きていた。

自分に嘘偽りなく、ただただ正直に。

いつしか、その生き方ではどうもマズイらしいゾ、

と思い知った。

自分の意見を言っては仲間はずれに合い、

他人様に迷惑をかけてはいけないと

先生に厳重に注意された。

もう傷つきたくないと思ったその子は

お願いされたら必ず「いいよ」と応え、大人になってからは、

気乗りしない合コンにもニコニコ参加した。

周りに自分を合わせることこそが

人に迷惑をかけず、嫌われない要領の良い生き方だと信じた。

彼女の名前を知っているだろうか。

それは【あなた】だ。

今までずっとずっと、自分の感情を押し殺して生きてきた

【あなた】だ。

他人に気を遣っている間にあなたは

自分にとって一番大切な人のことをすっかり忘れてきたのだ。

その自分にとって一番大切な存在も、【あなた】だ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です