toggle
2019-08-26

悩みを1秒で小さくする方法

Pocket

悩みが現れたときにまずフォーカスするのは

【悩み】そのものではなく、【自分】です。

自分のレベルが悩みを上回れば、勝手に悩みは消える、

というかどうでもいいものになるのです。

悩むというのは、その悩みと自分が同レベル、

ということ。

幼稚園時代の悩みは今、笑えますよね?

トマトが食べられないとか、好きな男の子に意地悪なこと言われたとか笑

具体的にどうしたらいいのか?と言うと、

例えば、会社で先輩との人間関係が上手くいかず悩んでいるなら

その場面を達観視する自分をイメージします。

その先輩と自分がギクシャク会話しているイメージをし、

その場面をあたかも2人の頭上で撮影している

カメラからの目線で2人を他人事のように見ていくのです。

最初は?と言う感じでしょうが、これは練習していくと

だんだん身についてきます。

カメラ目線で悩みの渦中でオロオロしている自分を

あらら、大変そう、、と第三者の気持ちで見ていく作業です。

このイメージに成功すると、一瞬で次元が変わり

悩んでいたことがどこか遠くで起こっていることに感じ始めます。

今日のポイント

自分を他人事のように生きることで悩みは一瞬にして

自分の下に置かれる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です